医療脱毛 トラブル

医療脱毛によるトラブルと対処法 知っておきたい医療脱毛の注意ポイント!!

薄着になる季節、ムダ毛が気になり脱毛を考えますよね。
脱毛サロンやクリニックでの医療脱毛の広告は、インターネットや電車の中吊り広告でもよく目にするようになりました。
医療脱毛は、カミソリ・毛抜きなどで行うセルフ脱毛より、肌への負担が少なく、黒ずみが改善され、肌のトーンが明るくなるなどという効果があり、安心・安全・リスクゼロなど手軽にきれいな肌が手に入るとうたわれている一方、医療脱毛で国民生活センターによせられるトラブル報告は年々増加傾向にあるのが現状です。
トラブル報告の多い症例医療脱毛でトラブルとして多く報告されているのは、レーザー脱毛による火傷や電気脱毛による火傷といった症例で、大半が火傷の報告となっています。
症例は少ないのですが、電気脱毛の治療において色素沈着が発生するトラブルもあげられ、完治には2年かかったそうです。
医療脱毛には、リストもなく安全にきれいな肌が手に入るといった魅力的な言葉が並べられていたり、キャンペーンでワンコインから試せるといった店舗も近年は主流となっていますので、年齢問わず、医療脱毛に手が届くようになりました。
トラブルの事例脱毛優待券を利用して永久脱毛を受けた20代女性は、毛根を熱で死滅させる施術をしたあと、皮膚が赤く腫れあがり、跡となって残った。
3年経っても傷は消えていない。
デリケートゾーンの脱毛を受けた30代女性は、光脱毛によって火傷を負い、デリケートゾーンの皮膚が剥け、完治に1年以上かかるケガとなった。
ひざ下レーザー脱毛を受けた30代女性は施術をおこなったあと、赤く腫れあがりじんましんが出て跡となり、足を見せることができない状態となった。
跡となった傷の完治は約半年かかった。
クリニックでの医療脱毛とエステでの脱毛の違いエステによる脱毛は、医療行為に該当しない範囲での施術となり、主な脱毛方法は光脱毛です。
クリニックでの医療脱毛は、毛を形成する細胞を破壊する医療行為を行う施術ができることが特徴で、脱毛効果は非常に高いが、火傷等の皮膚障害のトラブルが起きる可能性があります。
脱毛方法は、3つ。
レーザー脱毛と電気脱毛と光脱毛になります。
皮膚障害の施術内容として、エステは光脱毛によるトラブル、医療機関ではレーザー脱毛によるトラブルが多くみられます。
医療脱毛トラブルを防ぐためには皮膚に高熱をあてる光脱毛によって火傷をしてしまうトラブルは、その日の体調や肌の質であったり施術スタッフの技術力が原因となっている場合もあります。
トラブルを防ぎ、安全に施術を受けるためには、十分な睡眠をとり、施術前には日焼けを避けるなど体調と肌へのコンディションに気を付けておくこともポイントです。
皮膚障害のトラブルの他にも、他の施術を勧められるという勧誘トラブルもあります。
医療脱毛においても、強い勧誘でなくても他の施術を紹介されることはあるのは事実です。
ほとんどの方は、勧められる場面において「考えておきます」や「検討します」といったあいまいな返事になってしまうことでしょう。
トラブルにならない為にも、はっきりと自分の希望を言いきってしまうことがポイントです。
断ることも、希望することもあいまいな返答ではトラブルにつながります。
医療脱毛を検討した際には、自分の周りにその医療機関に通っている人がいないか確認することがポイントです。
医療機関の口コミや施術内容においてはネットでも情報を得ることはできますが、分かりにくい情報があったり、信憑性に欠けることもネットならではの問題です。
実際に目で見て、サロンの状況を知っている人の情報は非常に有効なものです。
ネットや雑誌に上げられている医療脱毛できるクリックだから大丈夫と考えていても、調べずに行くと、トラブルだらけということも多くあります。
女性にとって、キレイな肌は永遠のあこがれであり、きれいになることは自分の自信にもなりますよね。
決心して思い立った医療脱毛で痛い思いをしないためにも、クリニックを調べて、自分のやりたいと思う脱毛施術においてもよく知ってリスクを理解することが大切です。

医療脱毛の種類と効果について

自分の手で処理する脱毛ではなく、店舗に足を運んでの医療脱毛にも近年では様々な種類があります。
その中でもほとんどの店舗で取り入れており、なおかつ人気があるものといえば「光(レーザー)脱毛」と「電気脱毛」ではないでしょうか。
光(レーザー)脱毛というのはその名の通り、毛を無くしたい部分にレーザーを当て毛根を弱らせ、徐々に毛を細く生えにくくしていく医療脱毛法です。
強い光を発しますので体験者はアイマスクをし、施術者もゴーグルをして行うため仰々しく見えますが、痛みは全くなく、熱感も少し温かいかなあという程度で刺激は非常に弱いのですが、あくまで段階を踏んで毛根を弱くしていくため、急激な毛量の変化をその日の内にというわけにはいきません。
もうひとつの電気脱毛は、毛穴に直接細い針を差し込み(注射針のような先の尖ったものではありません)その針の先端に電気を流し、差し込んだ毛穴にある毛根を一撃で焼いて無くしてしまいます。
毛根は再生することがありませんので、この医療脱毛を受けた箇所からは毛が生えてくることはもう一生なくなります。
施術したその日からムダ毛なしになれますが、この方法にははっきりとした痛みを感じてしまいます。
毛穴の中の皮膚を焼くわけですから当然なのですが1本抜くごとに痛みが付いて回るので、痛みに弱い方には部分麻酔をしてくれる店舗もあります。
近年、脱毛が一般的になり、街にはエステサロンやクリニックが数多く見られるようになりました。
昔は、脱毛というと芸能人や富裕層などの限られた人達くらいしか利用しませんでしたが、今ではティーン世代からごく普通の主婦でも手の届く値段になり、女性の綺麗を叶える手段として一役買っています。
そして、利用する人が増えるにつれその効果をより実感したいという要望に応え、脱毛技術はみるみる進化を遂げる事になったのです。
中でも、効果が一番だと太鼓判を押されているのが医療脱毛です。
医療脱毛とは、その名の通り医療機関においてレーザーや電気針といった医療機器を使って行われる脱毛のことです。
この脱毛は医療行為に当たるので、施術は医師のもとで、機器についても厚生労働省の認可を受けたものしか使用できません。
それゆえ、個々人に合った施術や出力を厳しく管理して行われるので安全であることがメリットです。
また、強いレーザー能力を持つ医療用機器を使うため、その脱毛の成果は確実、かつ永久脱毛が可能になるのです。
そして、万が一医療脱毛においてトラブルが発生した場合には、医師が適切な処置をしてくれるのも安心感が得られます。
優れた機器と医師、そして万が一の場合の対処やきめ細かなケアという環境に恵まれた医療脱毛は今、最もおすすめな脱毛方法です。

医療脱毛の回数と安さを調べてみた

医療脱毛として用いられる脱毛技術はほとんどがレーザー方式のものとなっており、フラッシュ方式と比較した場合には高い効果が期待できます。
レーザー方式は比較的少ない回数で効果を実感できますが、医療脱毛なので基本的には特定の医療機関でしか受けられません。
医療脱毛を永久脱毛の目的で受ける際に気をつけておくべき点としては、毛が生えるサイクルに合わせて適切な時期に施術を受けなければならない事が挙げられます。
更に皮膚の表面に現れている毛根細胞は極一部であり、大半は皮膚の内側に存在している為、表面に出てくるタイミングを狙って脱毛しなければなりません。
脱毛に必要な回数はプランによって様々ですが、最短で3回のものから最長で12回程度と複数回行われる傾向を持ち、1度脱毛を受けた後はしばらくの期間をあけておく必要があります。
また、施術を受ける前に自分で手入れを行ったりすると発毛サイクルに狂いが生じてしまい、結果的に通う期間が長くなってしまうので注意しましょう。
女性にとってムダ毛の払拭は欠かせないもの。
わきや腕や脚といったファッションセンスによっては常に外からの視線にさらされてしまう部位のケアはもちろん、それ以外でも夏場に海やプールに赴く予定の人にとっては水着姿に身を包んだ際の背中やVゾーンのムダ毛処理なども心がけたいもの。
さらに男性などでも身だしなみの難しいヒゲの払拭やその他体毛の濃い部分を改善したりするにあたって処理を行う人は年々急増しているようです。
中でも美容クリニックを始めとする医療機関を受診して、そこでのカウンセリング結果をもとに医療脱毛を行うと高い効果が得られるとして利用者が増えています。
これらの医療脱毛で人気なのはレーザーやフラッシュ、そしてニードルを用いた脱毛法。
特にレーザーやフラッシュはエステサロンでも用いられる施術法ですが、医療脱毛はまぎれも無い医療行為ですからその分、高い出力での施術が可能となります。
それゆえムダ毛の毛根部に与える影響も大きく、永久脱毛にも等しい効果が得られるのです。
この医療脱毛について、多くの人が高額な施術だと思いがちなのですが、実際には手頃な価格なのが特徴的です。
またエステのように幾度も通院を繰り返すのではなく、一度の効果が高いことからその分トータルの費用的には比較的安いとの声も聴かれるほど。
せっかく脱毛施術を受けるのであれば対費用効果の高い施術法を選んで効率良く綺麗になりたいものです。